緊急事態宣言の発出による牧野生涯学習市民センター・牧野北分館施設利用の制限について(9/10更新)

平素より、牧野生涯学習市民センター・牧野北分館をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。大阪府に「緊急事態宣言」が発出されたことに伴い、現在、生涯学習市民センターの利用につきまして、各諸室の定員を2分の1とし、開館時間を午前9時から午後8時まで(日曜日・祝日は午後5時まで)とするなど、一定の制限を設けた上で施設をご利用いただいておりますが、「緊急事態宣言」が9月30日(木)まで延長されたことに伴い、これまでと同様の制限を同日まで延長させていただきます。
ただし、イベント利用の場合のみ、定員を2分の1とした上で、午後9時まで利用可能です。
※9月30日(木)までに開催される事業で、すでに販売済みのチケット等は、払戻しの必要はありません。ただし、定員の50%を超過するチケット等の新規販売(無料の公演は新規勧誘)はお止め下さい。
なお、新型コロナウイルス感染症を理由とした施設利用のキャンセルであれば、施設使用料を全額還付するとともに、有料主催事業のチケットの払い戻しを希望される場合は、チケットと引き換えに入場料の払い戻しをいたします。

※センターの諸室の定員については、下記の「センターの利用可能な部屋及び定員」を参照してください。

施設利用の際に守っていただきたい事項

諸室を利用される場合は、以下の遵守事項をお守りください。
・3密を避けて利用すること。
・利用者はマスクを着用したままで活動すること(スポーツのプレー中を除く)。
※マスクを着用したままの活動が困難であり、フェイスシールドを使用する場合は、対面を避け、人との間隔を1m以上確保するなど、飛沫拡散等に注意すること。
※マスクまたはフェイスシールドを着用したままの活動が困難な場合は、個人利用に限り、着用を不要とする。ただし、利用者が諸室の消毒清掃作業を行うこと。
・利用者の中に発熱、せき、下痢などの体調不良者がいないこと。
・定員の2分の1以内で利用すること。
・施設の利用前後に石けんによる手洗いを行うこと。
・ロビー及び各諸室での食事を控えること。また、施設内の飲酒を禁止します。
・ロビーにおいては、短時間の利用とすること。
・おおむね1時間ごとに、部屋の換気を行うこと(扉・窓を開放)。

その他の注意事項
・施設利用の前後に上記の遵守事項をチェックシートで確認し、署名をいただきます。
チェックシート(PDFファイル)
・施設利用及びイベントの際は、国・大阪府の定める基準や業界団体等の定めるガイドラインに基づき、適切な新型コロナウイルス感染防止対策を実施してください。また、「大阪コロナ追跡システム」の導入や名簿作成などの追跡対策をとるとともに、入場者・鑑賞者が大声で歓声・声援等を発しないように注意してください。

牧野生涯学習市民センター 牧野北分館
部 屋 名 通常の定員(人) 当分の間、定員の1/2(人)
8月利用
集会室 250 125
会議室 30 15
和室 20 10
調理室 15 7 ~ 8
トップページへ